ゼッタリンクス株式会社 | Zetta Linx Inc.

小中学校・高校・大学など教育機関での教育ICT活用・一般企業での社内教育やコンテンツ制作に最適な製品を開発・販売しています。Wordではじめるデジタルテストシステム「Answer Box Creator」やプログラミング教材をバンドルした小学生のOffice活用ソフト「Dr.シンプラー」が好評販売中です。

こどもSuite(スイート)は、ビジネス向けに開発されたOffice系ツール(Google Workspace)を学校の授業で使えるようこども向けのインターフェースに改良し、よく使う機能を集約させた“きっずメニュー”を搭載したChromebook 向けの“教材テンプレート集”です。

テンプレートと連動した “きっずメニュー”を使用することで迷わず操作できるため、学習者主体のICT活用を促進します。

文部科学省が進める「GIGAスクール構想」による1人1台端末・高速通信環境の活用イメージとして提示されている「学びの変容イメージ(ステップ1~3)」にも対応しているためChromebookを導入してすぐにICTを活用した授業を実施することができます。

「1人1台端末・高速通信環境」を活かした学びの変容イメージ
参考:「未来の学び」構築パッケージ.pdf (文部科学省)


1人1台端末が設置された学校現場では…

まず自分が操作に慣れなければならない…

授業でどう取り入れたらいいか分からない…

結局、今まで通りの授業でいいのでは…

一人一台端末の環境が整備され始めICT活用における学習に期待が高まる中、現場である学校の先生からは不安の声も上がっているのが現状です。

さまざまな機能を含むICTの活用は、よりわかりやすい授業の実現や児童の学習意欲向上、情報活用能力の育成などが期待されています。また一人一台端末環境の実現により、場所を選ぶことなく児童が自ら主体的に学べるというメリットもあります。

一方で、教える先生のICTスキルが問われる部分もあり、忙しい校務のなか、ICT活用に頭を悩ませている先生も少なくありません


こどもSuiteを使うことで、先生も児童も安心して楽しくICTを活用した授業がすぐにできます!

“世界標準の学び”への架け橋

\ Step.1 /

“まずは操作に慣れる”

ICT機器活用の最初の壁をスムーズに乗り越えられるよう、分かりやすい操作性を実現。児童には分かりやすく先生には教えやすいメニューです。

\ Step.2 /

“テンプレートですぐに授業できる”

先生も児童も安心してICTを活用した授業が行えるよう、指導案や指導資料など充実した教材テンプレートを付属。

\ Step.3 /

“教科の学びを深める”

一人一台のタブレットPCを使った主体的なICT活用を通して、実社会や実生活への興味関心など“学びのその先へ”と繋げます。

こどもSuiteコンセプトブック

Chromebook対応テンプレート集(3.5MB)

Return Top