ゼッタリンクス株式会社 | Zetta Linx Inc.

ゼッタリンクス株式会社 | Zetta Linx Inc.

予備校・大学リメディアル教育向け反転授業ソリューション「学習塾昴 x 啓林館 x ThinkBoard 」4月1日開講

予備校・大学リメディアル教育向け反転授業ソリューション「学習塾昴 x 啓林館 x ThinkBoard 」4月1日開講

コンテンツホルダーと提携した「 予備校・大学リメディアル教育向け反転授業ソリューション 」

デジタルコンテンツ制作ソフト「ThinkBoard(シンクボード)」を販売する株式会社ゼッタリンクス(東京都荒川区:代表取締役 山田邦裕、以下ゼッタリンクス)は、学習塾昴を運営する株式会社昴(鹿児島県鹿児島市:代表 西村道子、以下昴)、株式会社新興出版社啓林館(大阪府大阪市:代表取締役社長 佐藤徹哉、以下啓林館)、株式会社教育情報サービス(宮崎県宮崎市:代表取締役社長 荻野次信、以下KJS)の3社と共同し、「ThinkBoard(シンクボード)」を活用した反転授業形式の学習ソリューションを提供することを発表いたします。
第一弾として2014年4月1日より、学習塾昴の高等部に反転授業形式の学習ソリューションを導入した講座を開講いたしました。

この取り組みは、教育ICTソリューションベンダー(ゼッタリンクス)、大学受験指導の現場(昴)、教育コンテンツホルダー(啓林館)、コンテンツ制作ソフトメーカー(KJS)が参集したプロジェクトで、常設コンテンツ数約4,000という大規模での日本で初めてとなる「反転授業実践プロジェクト」です。

反転授業導入における課題とプロジェクトの背景

反転授業とは、各生徒は家庭で映像などを使って基礎的な学習を終えておき、教室では発展的・応用的な学習を行うという、従来の「学習の場所」を反転した、教育の新しい手法の一つです。
先進的な学校や自治体が相次いで導入を発表するなど、にわかに注目を浴びる手法ですが、本格的な導入となると「家庭学習用のコンテンツは誰がどのようにつくるか」、「著作権の制限はどのようにクリアするのか」、「その品質はどうやって管理するのか」など課題も少なくはない状況です。しかし今回、この4社のプロジェクトでは、啓林館が運営するオンラインサービス「スマートレクチャー」(※2)がそれらの課題を解決しました。

スマートレクチャー
http://www.smart-lecture.com/

スマートレクチャーのサイトでは、高校生用には数学・英語・物理・化学・生物・地学のコンテンツが約4,000本掲載されており、このボリュームは一般的な高等学校の標準的な履修時間を大幅に上回るものです。また、これらのコンテンツは啓林館が発行する書籍と同様、学力に応じた複数レベルのコンテンツが用意され、充分な演習量と安定した解説品質を担保します。
昴では、これら反転授業に関するコンテンツや資料の分析を行いながら、本年1月に高等部にて検証授業を実施し、その検証結果や生徒へのアンケート結果などから、「スマートレクチャー」を全面的に活用した本格的な反転授業の導入を決めました。

プロジェクトのロードマップ

本年1月の検証授業ののち、今月3月には新高1~3年生までの全生徒を対象に反転授業形式の体験授業を実施いたしました。そして新年度4月からの通年授業に本格的に導入してまいります。
将来的には、この仕組みをさらに充実させ、受験指導の機会に恵まれない地域の学生生徒、学校での学力差に苦慮している学生生徒にも提供を拡大していく考えです。

デジタルコンテンツを効率よく制作できる「ThinkBoard」

啓林館のコンテンツ作りに使われたのは、ゼッタリンクスが販売する「ThinkBoard(シンクボード)」です。ThinkBoardは、授業者の「声」と「手書き」の描写を同時に録画し、編集・配信することができるソフトです。従来型の授業を丸ごとビデオ撮影したものとは違い、授業者の姿は画面には現れません。そのかわりに、授業者の肉声や板書の様子はフルHD(※3)で鮮明に収録できるため、学習者は、授業者が発する一つひとつの言葉や図解に、徹底集中することができます。

ゼッタリンクスが提供する「ThinkBoardソリューション」

ゼッタリンクスは今後、「教育の現場」と「コンテンツホルダー」を「ThinkBoard」を通して結びつけるソリューションを展開してまいります。これは、進学指導・補習指導を行う学校のほか、リメディアル教育・オンライン教育に力を入れる大学・短大・専門学校・サポート校などを対象とし、教育の現場で本当に必要とされるコンテンツをThinkBoardを通して安定して供給するソリューションです。
コンテンツホルダーは、大手企業だけとは限りません。先生方が作ったワードやパワーポイントなどのオリジナルプリントや、大学などの講義などで使われる専門的な資料もThinkBoardを使えば映像コンテンツ化することができます。
先生一人の取り組みから科目・学年・学校全体の取り組みへ、そして複数のキャンパスや校舎間でも共有できる学習プラットフォーム作りまで、柔軟なフローと優れたコストパフォーマンスで「ThinkBoardソリューション」は対応します。平成26年度は、高校・大学・企業を中心に200の導入を目指します。

各企業のあらまし(2014年3月現在)

株式会社昴
  • 東証JASDAQスタンダード(証券コード:9778)
  • 本社:鹿児島県鹿児島市加治屋町9番1号
  • 幼小中高生を対象とする学習塾昴(すばる)を鹿児島県を中心に九州4県78校を展開。
  • 九州最大規模の模試「昴模試」を実施している。
株式会社新興出版社啓林館
  • 本社:大阪府大阪市天王寺区大道4-3-25
  • 高校数学向け学習参考書「フォ-カスゴールド」は全国のトップ校を中心に多くの高校で採用。
  • 次世代デジタル教科書の共通プラットフォーム開発に取り組むコンソーシアム「CoNETS(コネッツ)」に参画。
株式会社教育情報サービス
  • 本社:宮崎県宮崎市江平東町6-14
  • デジタルコンテンツ制作ソフト「ThinkBoard」および関連製品の開発のほか、WEBサイトの制作運営、教材制作、テスト問題制作などもおこなっている。
  • 2013年よりモンゴル国の「新モンゴル高校」とThinkBoardに関する共同研究を始め、2014年には同国ウランバール市教育庁と実証研究・開発の包括協定を締結。
ゼッタリンクス株式会社
  • 本社:東京都荒川区西日暮里5-14-4
  • ソフトウェアの開発・販売を通して公教育・民間教育向けの教育ICTソリューションを提供。
  • 小中学生が Microsoft(R) Office を簡単に使えるようになるアドオンソフト「Dr.シンプラー」シリーズのほか、授業支援、環境復元ソフトなどを開発・販売。
  • ThinkBoardの総販売元として、自治体や公立学校への導入・サポートを行うほか、私学・私塾に対しては同製品を軸とした学習システムを、企業に対しては研修コンテンツの制作支援や企業内LMSなどを提供している。
  • 日本マイクロソフト株式会社の教育機関向けトータル ICTソリューション「Microsoft エデュステーション」のパートナー企業。
  • 子供たちの21世紀型スキル育成のための教育環境の実現を支援する「Windowsクラスルーム協議会」の会員企業。

< 注 >
※1… 民間のソリューションベンダー、教育機関、コンテンツホルダー、ソフトメーカーの共同プロジェクトとして。弊社調べ。
※2… http://www.smart-lecture.com 一般の方でも視聴でき、月額500円(税別)の有料会員になれば原則としてすべてのコンテンツにアクセスできるようになります。4月1日オープン。
※3… フルHD:1920×1080px。最小でXGA(1024×768)、最大でフルHDのサイズで画面を録画することができます。

Return Top